医療脱毛 脚

MENU

医療脱毛が安心

子供のころから毛深いのが悩みの横浜在住30代主婦です。最近、美容クリニックで脚の医療脱毛をはじめました。

 

医療脱毛腕.com

脱毛は20代のころ某大手エステサロンで、ワキ脱毛の経験があります。

 

しばらく子育てで美容どころではありませんでしたが、落ち着いたので腕や脚の脱毛をしようと思ってまた始めました。

 

私がサロンで脱毛したのは、今の光脱毛やフラッシュ脱毛というのと違って、ニードル脱毛というものでした。

 

ニードル脱毛は、針を使って電気を流すことによって毛根にダメージを与える方法です。

 

効果は高いようですが、我慢できないくらいとても痛いので最近ではほとんど施術されていないようですね。

 

今は変わって、光脱毛という医療レーザー脱毛と似た方法が主流のようですが、とても時間がかかるようです。

 

しかも、医療脱毛と違ってサロンの光脱毛は、光が弱いのでまた生えてくる可能性が高いみたいですね。

 

脱毛サロンの方法は、永久脱毛ではいので、ずっとやり続けないといけないらしいです。

 

ワキをしてもらったニードル脱毛なら、光脱毛に比べて効果が高く、私の場合はその後生えてきません。

 

でも、あの痛さをまた経験するのは嫌なので、光脱毛で脚の脱毛をしようと思ったのですが、また生えてくると知り医療脱毛に決めました。

 

医療脱毛なら永久脱毛だし、料金は少し高いですが終わりの見えないサロンと違って終わりがあるので、逆に安くつくのではないかと思います。

 

一気に全身脱毛をしても良いのですが、お金がかかるので、今は脚脱毛をやっていずれ全身脱毛をしたいと思っています。^^

 

医療脱毛クリニック

医療脱毛ってどういうクリニックでやっているのか調べたら、やっぱり大手美容外科か脱毛専門の美容皮膚科クリニックが人気のようです。

 

横浜在住の私が一番いいなと思ったのがアリシアクリニックでした。そのほかにもいくつか紹介します。

 

アリシアクリニック
池袋、新宿西口、新宿東口、渋谷駅前、銀座、表参道、横浜、船橋、大宮、上野にクリニックがあり、大きな光照射口で短時間施術で効率の良い脱毛器を使用しています。

 

医療脱毛メニューは、好きな部位が選べるセレクトプランのほか、脚脱毛、腕脱毛、vio脱毛、全身脱毛など、いろんなセットプランもあります。

セット 個別 評価
脚脱毛 あり 医療脱毛,脚,クリニック

リゼクリニック
クリニックは、新宿・渋谷・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・名古屋栄・仙台・新潟・広島・福岡天神・札幌・四日市・京都にあり、広照射タイプや蓄熱式など最新の脱毛器が選べます。

 

脚の部位は「太もも」と「ひざ〜足首」があり、セットは、「脚全体セット」や「手足セット」のほか「全身脱毛」までお得なセットが用意されています。

セット 個別 評価
脚全体 あり 医療脱毛,脚,クリニック

湘南美容外科
東京、横浜はもちろんのこと、全国の主要都市に展開する言わずと知れた大手美容外科クリニックで、痛みの少ない蓄熱式の脱毛器を導入している院もあります。

 

Sパーツ、Lパーツから好きな部位を選べるシンプルな料金体系で、パーフェクト全身コースや脚脱毛なら手足スッキリセットなどがあります。

セット 個別 評価
手足 あり 医療脱毛,脚,クリニック

脚の脱毛について

脱毛といえば最も人気なのがワキの脱毛ですよね。

 

私もワキ脱毛は完了していますが、特に肌を露出する若い子には人気ですよね。

 

でも私みたいにアラフォーになってくると、ワキを見せるような格好も減りますから、やっぱり腕や脚のムダ毛が気になってきます。

 

全身脱毛を一気にやったほうが、結果的には安く上がるのでしょうけど、まとまったお金がないので時間をかけて全身をやりたいと思います。

 

40代に人気の脱毛クリニック

 

脚の脱毛

腕や脚の脱毛って、ワキと違って範囲がかなり広いので、レーザーの照射口の広いタイプの脱毛器を使っているアリシアクリニックが良いなと思いました。

 

この照射口の広い医療用脱毛器を用いているのは、ほかにリゼクリニックがありました。

 

蓄熱式の脱毛器は肌に優しくて良いと思ったのですが、料金が高めのようなので小さい部位ならこちらが良いかもしれませんね。

 

でも肌に優しいということは、脱毛の効果はやっぱり下がるような気がしますし、ワキの太い毛と違って脚の毛の脱毛はそんなに痛みはないとも聞きます。

 

だから脚や腕の脱毛をするなら照射口の広い脱毛器が良いと思いアリシアに決めました。

医療脱毛器について

医療用のレーザー脱毛器はいろいろあるみたいですが、日本で一般的に使用されているのは、実績のあるアレキサンドライトのほか、新しいライトシェアデュエット・メディオスターNextPro・ジェントルYAGの4種類があるようです。

 

アレキサンドライトは、日本で長く施術実績のある脱毛器で、脱毛以外にもシミ・そばかす・ニキビ治療などにも用いられるレーザーです。

 

アレキサンドライトは最も実績のある脱毛器で、大手美容外科などで使用されています。

 

脱毛専門の皮膚科クリニックなどでは、比較的新しい脱毛器が使用されています。

 

ライトシェアデュエットは大きな照射口が特徴で、時間短縮と当て残しも防げて施術回数も抑えられる新しい脱毛器です。

 

メディオスターNextProは、蓄熱式という新しい脱毛方式を用いており、比較的色黒の人にも照射可能となっています。

 

ジェントルYAGは他の脱毛器に比べて波長の長いレーザーを使用しているため、肌に優しくこちらも色黒の人に向いている脱毛器です。

 

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛では、レーザーと呼ばれる強い光を用いて毛根や発毛因子にダメージを与えます。

 

サロンで施術されている光脱毛は、医療機器に比べて弱い光を当てるもので、方式的には似ています。

 

しかし、医療脱毛で用いられる医療脱毛器は厚生労働省で認められた医療用機器であり、医療脱毛は当然医療行為となります。

 

医療用の脱毛器を使うためには資格も必要となりますので、資格を持った看護師が施術をすることになります。

 

これらのことは、当然脱毛の効果として現れることになり、具体的には施術時間、施術回数が違ってきます。

 

さらに加えて医療脱毛は「永久脱毛」が可能となることが大きなメリットだと思います。

 

脱毛後のアフターケアについても、もしものトラブル対応もサロンだと他の医療機関へ行かなくてはなりませんが、クリニックだと治療や薬の処方をしてもらえます。

 

一見お金のかかりそうな医療脱毛ですが、以上のようなことを踏まえると、トータル的にはサロンのほうが高くなる場合もあるのです。

 

自分の体を傷めつけて脱毛をするわけですから、私は安心で確実な医療脱毛をおすすめします。